CT検査システム-回転式および固定式

もともと医療用途向けに開発されたCT技術は、セキュリティスクリーニングの主力となり、比類のないイメージングおよび材料識別機能を提供します。今日のCTセキュリティスキャナーは、回転式と非回転式(つまり固定)の両方であり、速度、画像解像度、スループットにさまざまなメリットがあります。ガントリーに取り付けられたCTジェネレーターの最初の開発者としてのスペルマンの血統は、現在、すべてのタイプのCTセキュリティスキャナー用のCTジェネレーターとMonoblock®X線源の幅広いポートフォリオにまで及んでいます。スペルマンMonoblockとジェネレーターは、プレスキャンユニットおよび非回転構成の配列として、回転ガントリーで使用できます。
Monoblock® XRB Series Integrated X-Ray Sources
シリーズ
Power
Voltage Range
600W
40kV - 150kV
200W
80kV - 160kV
480W
80kV - 160kV
480W
80kV - 160kV
688W
80kV - 160kV
400W
100kV - 200kV
200W
N/A
400W
N/A

X-Ray Generators With Integrated Filament
シリーズ
Power
Voltage Range
1.8kW - 6kW
160kV - 450kV
300W - 1.2kW
40kV - 140kV

X-Ray Subsystems Include Generator, Tube, Controller/IO, Cables, Connectors
シリーズ
Power
Voltage Range
1.8kW - 6kW
160kV - 450kV