一般X線

ベーシックなデジタルラジオグラフィー(DR)から複雑な外科用システムまで、弊社の柔軟な放射線と蛍光透視のジェネレーター群は、貴社製品の差別化に必要な画像システムの適合性、信頼性、性能、保守・整備性をすべて備えています。スペルマンでは業界に張り巡らしたパートナー網を駆使して、ほとんどの市販X線管、コリメーター、デジタル画像ワークステーション、その他のデバイスへのインターフェースを開発してきました。業界を牽引する技術にプラグアンドプレイの使いやすさを組み合わせ、弊社の応用エキスパートはジェネレーターが貴社システムにシームレスに組み込めるようにしています。また「スペルマン駆動による」サブシステムはイメージングチェーン全体を含むことができます。 

スペルマンでは高性能Zシリーズから強力なHFeシリーズまで、貴社独自のイメージング要件を満たすソリューションでお応えします。スペルマンの蛍光透視と放射線撮像シリーズの製品群は、多彩な機能を有し、モジュール式設計の採用により保守や修理、サポートが容易で、廉価製品から上位製品まで取り揃えています。弊社のR&F HFeシリーズは最先端かつ技術的に要求の高い用途に使われています。IGBTインバーター技術の採用により、様々なキャビネット設計で40kW~80kWの電圧を取り揃え、貴社のX線室構成に最適なものをお選びいただけます。弊社の極小型で髙信頼性のZシリーズ放射線ジェネレーターは、医療業界最高の出力周波数450kHzと、32kW~80kWで、世界クラスの仕様を誇ります。 

一般的な用途には、リモートR&F、従来型R&F、一般放射線撮像、デジタルラジオグラフィー、トモグラフィー、泌尿器科、血管撮像、分子撮像、画像支援放射線治療、獣医科、画像支援医療、がん科などがあります。 

スペルマンでは用途に対する豊富な経験と知識の蓄積がありますので、数多くの周辺機器との確立済みのインターフェースと、弊社HFeプラットフォームのカスタマイズ能力で得た最適な性能と容易な実装は業界に並ぶものがありません。スペルマンをご信頼ください。 

スペルマンでは一般X線DRとDRFにターンキーのサブシステムを提供しています

ジェネレーターはX線システムの心臓部ですので、同じ部屋にあるほとんどすべてのハードウェアとソフトウェアと通信し同期化する必要があります。「スペルマン駆動による」サブシステムでは、次のような良くある課題を避けることができます。

  • 新しいコンポーネントとの統合
  • すべてのコンポーネントの連動
  • トラブルシューティング
  • 説明がつかないエラー
  • 不適合
  • 他社からの納品不良が原因となった納期遅れ
  • 問題発生原因に対するベンダー2社間での責任転嫁
  • システムのソフトウェア・ハードウェアのアップグレードが必要であるが、それに対応するリソースが不足
  • 使用中のDHRの構成に対して、長年のベンダーがサポートを停止