よくある質問

貴社の装置はコンピュータを使って自分でプログラム制御可能ですか?

はい。Spellmanの装置はコンピュータでプログラム制御可能です。

比較的新しいSpellman製品は大抵、弊社の一体型SICオプションを完備しており、これはRS232、Ethernet、USBといったプロトコルを介してユニットのプログラム制御を可能とするものです。

標準製品のうち、データ・シートにSICオプションが提示されていないものでも、場合によってはSICオプションを追加するよう改良可能です。詳細については弊社販売部門へご相談ください。

SICオプションを提供できない装置でも、やはりコンピュータ制御は可能です。

実質的に弊社製品はすべて、外部から提供される接地基準信号を介して、遠隔プログラム制御可能です。ほとんどの場合、0~10ボルトが0~最大定格電圧および0~最大定格電流に相当します。出力電圧および電流モニター信号も同様の方法で提供されます。外部抑止信号および/またはHV ONおよびHV OFF機能は、接地基準TTL信号あるいは一連のドライ接点の開閉を介して制御可能です。インターフェース接続に関する詳細情報は、製品のマニュアルに掲載されています。

上記で詳述の信号とPCの間のインターフェースの役割を果たす、PCインターフェース・カードが、様々な社外品メーカーから発売されています。これらのカードは、通常はカードのメーカーから提供されるPCソフトウェア・インターフェースを介してプログラム制御可能です。詳細情報については、弊社販売部門へお問合せください。