よくある質問

負荷設定の短絡繰り返し率が重要な理由は何ですか?

電源装置が短絡される頻度は、特定のアプリケーション向けに装置を選択する際に指定される重要なパラメータです。

概して、Spellmanの装置の大部分は、1ヘルツを最大繰り返し率として短絡されるよう設計されています。この定格は、装置の出力部分の蓄積エネルギー、および短絡中のピーク放電電流を制限する内部抵抗出力リミッターの電力処理能力によって決定付けられます。これらの抵抗リミッター(瞬間放電電流を制限レベル以下に維持します)は、短絡中の装置の蓄積エネルギーを熱散逸させます。設計上のものより高い繰り返し率で装置がアークされると、そのうち抵抗リミッターが過熱により損傷してしまう可能性があります。通常、一時的な極度のアーキングは処理可能ですが、平均短絡率が1ヘルツ以下に保たれることが条件となります。

装置は、内部キャパシタンスの低減および/または抵抗出力リミッター・アセンブリの電力処理能力の増強により、短絡繰り返しを強化するよう修正可能です。詳細情報については、弊社販売部門へお問合せください。