ニューヨーク州ロングアイランドの製造施設で太陽光発電を使用

July 20, 2012

2012年7月20日-スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーション(本社:米国、ニューヨーク州)は、HauppaugeとBohemiaの製造施設に100kWの太陽光パネルを設置、導入したことを発表します。この2つのシステムは9,550平方フィートで、年間約162,000kWのクリーンな電気を生み出し、225,000ポンド以上のCO2 排出を防ぎます。

Solar Panel

スペルマン代表取締役のLoren Skeistは、「ソーラーパネルの採用により、クリーンで無害、再生可能な資源である太陽の力でロングアイランドにある2つの施設に電気を供給します。弊社のこのエネルギー節約と更なる二酸化炭素排出量の削減に向けたたゆまぬ努力を誇りに思います。環境への責務は、スペルマンのビジネス手法の基本理念であります。」と述べております。

スペルマンは、グリーンな取り組みを支持し、ISO14001:2004の維持、エネルギー効率の改善に向けた総合的なプログラム、リサイクルの促進、そして有害物質使用の廃止によって、環境持続への責任を実践して参ります。

弊社および製品に関するお問い合わせは、電話048-447-6500または、弊社のホームページ www.spellmanhv.comをご覧ください。

スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクスは世界大手の医療、工業、半導体、安全保障分析, 実験及び海底ケーブル給電アプリケーション用の注文設計または標準AC-DC、DC-DC高圧電力変換及びMonoblock®X線源のプロバイダーであり、米国、イギリス、メキシコ、中国、に設計、製造、サービス施設を備え、またヨーロッパ、アジア、北米全域で直接営業所を有しております。Spellmanは今後も先進システムプロバイダー及び世界中の顧客をサポートするために努力してまいります。

News Home

News Archive

News Home