よくある質問

ボールはんだ付けとは何ですか?

ボールはんだ付けは、高電圧業界で頻繁に使用されるはんだ付け技術です。大きな球状のはんだを使用して、通常「高電圧」ではんだ接続を行います。大直径でスムーズな球状のはんだ接続は、局部的電場の制御に役立ち、コロナの発生を抑制できます。

このはんだ接続は、しっかりとした機械的接続であり、かつ効果的なコロナ抑制デバイスとなる必要があります。これらの要件のどちらかを満たせない場合、そのボールはんだ付けは受け入れられません。良好なボールはんだ接続を行うには、材質、はんだ時間、温度、テクニックに関する経験が必要です。通常、ボールはんだ接続のタッチアップを試みても、接続を改善できることは希であり、これは「一回目で正しく仕上げる」タイプのはんだ接続として考えるべきです。