スペルマンが産業および医療アプリケーション向けの新しいμXRB130P65マイクロフォーカスX線源を発表

April 07, 2020

世界をリードする高電圧電源、X線発生装置、Monoblock®X線源メーカーであるスペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーションは、産業用と医療用の両方のOEMアプリケーション向けに設計された新しいμXRB130P65の発売を発表しました。

μXRB130P65 micro focus Monoblock® X-Ray sourceスペルマンのμXRB130P65マイクロフォーカスMonoblock®X線源は、内部マイクロフォーカスX線管を最大130kV @ 65Wで駆動する高解像度イメージングアプリケーション用に設計されています。24Vdc入力電圧、小さなパッケージサイズ、標準のRS-232デジタルインターフェイスなどの機能により、μXRB130P65をX線システムに簡単に統合できます。 動作電圧の範囲にわたって最適化された小さな丸い焦点サイズ、および高倍率は、安定した高輝度出力と組み合わされて、歪みのない、高品質の2Dおよび3D画像を提供します。

μXRB130P65のいくつかの利点:

  • 1つのコンパクトなアセンブリに統合されたX線管と制御回路
  • 標準のRS-232デジタルインターフェイスにより、診断および操作ログにアクセスできます。
  • 標準のWindowsテストGUI
  • ナロービーム用に7ミクロン未満の焦点スポット
  • ワイドビーム用に8ミクロン未満の焦点スポット
  • 10mm / 14mmのスポットからウィンドウへの間隔により、幾何学的に高い倍率を実現

代表的なアプリケーション:

産業用X線:

  • 回路基板と電子部品の検査
  • 金属およびプラスチック部品の高解像度非破壊検査
  • 産業用アプリケーション向けのマイクロCT
  • バッテリー検査

医療用X線:

  • ライフサイエンスアプリケーション用のマイクロCT

μXRB130P65はワイドビーム用のオプションとして、拡張X線管(ワイドビームのみ)と軽量版がございます。

標準のナロービームを使用して、小さな丸いスポットをkVと電力の範囲で最適化し、歪みのない画像を提供します。4ワットで動作すると、高解像度イメージング用の6ミクロンのスポットが得られます。14mmのスポットとウィンドウの間隔は、高い幾何学的倍率を提供します。

オプションのワイドビームを使用すると、115度の丸いビームは、最大のスループットまたは角度のないビューに大きな視野が必要な自動検査に最適です。10mmのスポットとウィンドウの間隔は、優れた高幾何倍率を提供します。

μXRB130P65シリーズの詳細な技術情報とデータシートはこちらから。

スペルマンのさまざまな高電圧製品の詳細な技術情報とデータシートは、 sales@spellmanhv.com に連絡するか、スペルマンのウェブサイト www.spellmanhv.com  にアクセスして入手できます。

スペルマンについて

スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクスは世界大手の医療、工業、半導体、セキュリティ、分析、 実験及び海底ケーブル給電アプリケーション用の注文設計または標準AC-DC、DC-DC高圧電力変換及びMonoblock®X線源のプロバイダーであり、米国、イギリス、メキシコ、中国、日本に設計、製造、サービス施設を備え、またヨーロッパ、アジア、北米全域で直接営業所を有しております。スペルマンは今後も先進システムプロバイダー及び世界中の顧客をサポートするために努力してまいります。

 

News Home