スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクスがヨーロッパ放射線学術大会に出展

February 20, 2014
スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーション(本社:米国ニューヨーク州)は、3月6日~10日までウィーンオーストリアセンターで開催されるヨーロッパ放射線学術大会に出展いたします。 弊社のブースは、Lower Level, Expo Cの小間番号332です。

会場では、K&Sの高周波ジェネレータHFe R/FシリーズおよびCTガントリー用X線発生装置、歯科用CTのPDMシリーズ、マンモグラフィ用のVMXシリーズ、骨密度測定とX線透視のアプリケーション用Monoblock®X線源、イメージインテンシファイア用DGMシリーズを展示予定です。

ECR 2014 また、デジタルX線撮影、蛍光透視法のアプリケーションをサポートするためのソリューションと単一源のオプションをご紹介いたします。弊社スタッフがお客様のご質問にお答えし、カスタム品のご相談も承ります。

ECRはヨーロッパと地中海の放射線医学の専門にした代表的な展示会です。 102カ国から20,000名を超える参加数で、37カ国から約300社の企業が出展します。毎年3月に行われ、世界最大の医学会のひとつにまで成長しました。出席者は放射線医学の専門家、放射線技師、業界の代表者、プレス関係者など広範囲に及びます。
ヨーロッパ放射線学術大会に関する詳しい情報は http://www.myESR.org をご覧ください

スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクスは世界大手の医療、工業、半導体、安全保障分析, 実験及び海底ケーブル給電アプリケーション用の注文設計または標準AC-DC、DC-DC高圧電力変換及びMonoblock®X線源のプロバイダーであり、米国、イギリス、メキシコ、中国、に設計、製造、サービス施設を備え、またヨーロッパ、アジア、北米全域で直接営業所を有しております。Spellmanは今後も先進システムプロバイダー及び世界中の顧客をサポートするために努力してまいります。

スペルマンの高圧製品に関するお問い合わせは、お電話048-447-6500 もしくは弊社ホームページ www.spellmanhv.co.jp をご覧ください。

News Home

News Archive

News Home