革新的なタッチパネル式X線制御装置を導入

November 28, 2011

2011年11月28日 – Hauppauge New York – スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーションは、人気のX線発生装置XRVシリーズすべてに対応の直観的タッチスクリーン操作のコントローラ、XRVCを発表いたしました。

洗練かつ頑丈なコントローラは特注のGUI(Graphical User Interface)を実行する組込型コンピュータ・システムを使用して設計されました。

XRVC

この組込型補助ハードウェアであるGUIは、頑強な高さ5.25インチ(3U)のラックマウント型シャーシに収蔵されています。XRVCの性能は:カスタムX線管シーズニングプロファイル、ワンショットまたは連続ユーザ製作運用プロファイルの作成、自動X線管コンフィギュレーションです。

コンパクトでタッチ主体の環境用に設計されたXRVCは、外部キーボードなしで動作できる豊富な入力性能を備えた総合的なオンスクリーンキーボード を搭載。適応性のあるソフトウェアは、XRVコントローラを検出・設定、またダイナミックフィードバックにより出力をリアルタイムで見ながらの制御が可能です。

XRVCの詳細はこちらよりダウンロードいただけます:

www.spellmanhv.com/datasheets/XRVC

その他製品に関するお問い合わせは、電話048-447-6500または、弊社のホームページwww.spellmanhv.co.jp をご覧ください。

News Home

News Archive

News Home