グローバルスタンダードであるシックスシグマ(Six Sigma)プログラムを開始しました

October 16, 2009

2009年10月05日

スペルマンは、シックスシグマプログラムの第1ステップを終了したことを発表しました。

NYIT Open House

シックスシグマ
(Six Sigma)とは、経営手法で、スペルマンのリーン生産方式をよりよいものにし、製造上のばらつき、不具合、非効率を減らすことに焦点を合わせています。

2008 年、スペルマンは、集中的な研修を行うために外部より認証を行う組織を雇い、Hauppauge (ニューヨーク)と Metamoros (メキシコ)の製造施設でシックスシグマを導入しました。

弊社事業副社長でシックスシグマ ブラックベルトでもある David Gillispie によると、「シックスシグマの導入は、製造過程を改善し、製造上のばらつきを減少させるでしょう。そしてお客様が重視するものを理解し提供するために、私どもがこだわりを持って品質に係ることの助けになります。シックスシグマは我々の能力にとってプラスとなるとともに、我々が持続的に改善を行い根本的な部分で結果を残すことを確かならしめるでしょう。」

弊社および製品に関するお問いあわせは、電話 048-447-6500 または、弊社のホームページ www.spellmanhv.co.jp をご覧ください。

News Home

News Archive

News Home