SpellmanのMonoblock®X線源

Monoblock® Series

Spellmanは、Monoblock®シリーズとして、X線発生器との一体型X線源の開発における標準化を進めてまいりました。SpellmanのカスタムOEM設計は、手荷物検査、爆発物検出、医療用画像処理、食品検査、非破壊検査などの様々なアプリケーションで活用されています。

これらの装置の設計は、従来の単体での高圧電源装置よりはるかに複雑です。X線管のパッケージングや冷却、X線ビームポート及びウィンドウの設計や放射線防御といった課題に、弊社のX線開発グループが日々取り組んでいます。

骨密度測定用の固体封入型Monoblock®X線源、あるいは回転式CTスキャナ用のオイル封入型Monoblock®をベースとして、Spellmanのエンジニアは、お客様が必要とするX線源を設計し提供いたします。

総合見積については、こちらのSpellman販売担当者へお問い合わせください。