アプリケーション用語集

A

Analytical X-Ray (分析用X線)

は、X線回析(XRD)、蛍光X線(XRF)その他様々なX線技術を使って材料の特性及び組成を調べる。

Arc Lamps (アークランプ)

は、電気アークを使用して光を生成するタイプのランプです。 2つの電極は、可視光を放射する連続的な電気アークを作り出す高電圧源によってイオン化されるガス(水銀、アルゴン、クリプトンなど)によって分離されます。

Automated Test Equipment (ATE) (自動テスト装置(ATE))

は、集積回路、プリント回路基板、または他のタイプの電子デバイスまたはアセンブリをテストするために使用される特殊自動検証装置です。

B

Baggage Screening (手荷物検査)

はX線解析その他の検査技術を用いて密輸品を見つける、商用荷物または個人荷物の検査である。

Bone Densitometry (骨密度測定)

は、骨粗鬆症の予測及び治療のために、人骨1平方センチメートル当たり骨量を測定するのに用いられる医療用X線技術である。

Bomb Detection Systems (爆弾探知システム)

は、様々な分析技術を使って爆弾または爆発物の潜在的脅威を探るために手荷物を検査する自動爆発物検知装置(EDS)である。

C

Cable Testing (ケーブル検査)

は電源の電圧及び電流を使ってケーブル・アセンブリまたはワイヤ・アセンブリ(配線)の電気接続を検査する検査技術である。

Capacitor Charging (コンデンサ充電)

は高圧電源を使って、パルスパワーアプリケーションに用いるコンデンサを充電する。

Capillary Electrophoresis (CE) (キャピラリ-電気泳動(CE))

は電荷比、摩擦力及び導電性液体媒体の質量に応じたイオンの分離及び識別に用いられる解析技術である。

Cargo Screening (荷物検査)

はX線解析その他の検査技術を用いて密輸品を見つけるばら積み貨物の検査である。

CT Scanner Power Supplies (CTスキャナー用電源)

はカスタム設計及び生産された特殊高圧電源で、コンピュータ断層撮影向けに用いられる医療用高圧X線管に電力を供給する。

Cathode Ray Tubes (CRT) (陰極線管(CRT))

は、電子銃を搭載した円錐形の真空管で、蛍光スクリーン上に画像情報及び動画を表示するのに使用される。

Channel Electron Multipliers (チャネル電子マルチプライヤ)

は入射電荷量を増倍する真空管構造であり、二次電子放出と呼ばれるプロセスを使って1つの電子から複数電子のカスケード効果を生み出すことを可能にする。

Channeltrons (チャンネルトロ)

は特殊なチャンネル電子マルチプライヤの商標名である。詳細はチャネル電子マルチプライヤを参照。

Cold Cathode Lamps (冷陰極ランプ)

は加熱したフィラメント(熱イオン放射)を使わずに二次電子の増幅放出を形成するタイプのランプである。

CO2 Lasers (炭酸ガスレーザ)

は主要励起媒体に炭酸ガスを用いる連続波ガスレーザーで、基本出力波長は9.4~10.6マイクロメーターである。

Corona Generators (コロナ発生器)

は、空気のイオン化によりコロナを発生させるために特別に設計された高圧電源を搭載する装置である。通常、このプロセスは、様々な工業洗浄及び浄化用途に用いるオゾンの発生に使用される。

CT Generators (CT発生装置)

CTスキャナー用電源を参照。

D

Dielectric Breakdown Testing (絶縁破壊試験)

は、ケーブルまたは配線に試験用高電圧を印加し、絶縁破壊が発生する電圧レベルを調べるプロセスである。

Digital X-Ray Detector Panel (デジタルX線検出パネル)

は、従来のX線フィルムや現像条件を使わずにデジタルX線画像を作成することが可能なX線イメージング技術を用いる。

E

E-Beam Lithography (電子ビームリソグラフィ)

は一定の方法で電子ビームを検出する技術であり、半導体製造工場で集積回路の生産プロセスの一環として用いられる。

E-Beam Welding (電子ビーム溶接)

は、2つの金属面に衝突した瞬間に一定のエネルギービームを持った電子がその運動エネルギーを熱エネルギーに変え、これによって金属を溶融する融接プロセスである。

E-Beam Evaporation (電子ビーム蒸着)

は、電子ビームが材料(絶縁体や導線)を真空状態で溶かし、それによって材料を気相にし、真空チャンバ内の物質を供給量制御が可能な超微粒霧で被覆するコーティングプロセスである。

Electro-Optics (電気光学)

は光学的特性を持つ材料が電場の印加から影響を受ける可能性を探る科学分野である。

Electron Microscopes (電子顕微鏡)

は細束電子ビームを使って試料の像を電子力で拡大する。電子顕微鏡は光の波長の制限を受けずに、最大100万倍まで拡大することができる。

Electron Spectroscopy for Chemical Analysis (ESCA) (X線電子分光分析(ESCA))

は、物質内にある元素の組成、実験式(組成式)及び化学的・電子的状態を測定する分光技術を使った定量分析方法である。

Electrophoresis (電気泳動)

は均一な電場の影響を受ける液体に比例する分散粒子の移動である。

Electroporation (エレクトロポレーション)

は、外部から印加された電場が細胞原形質膜の導電性及び浸透性を増倍するプロセスである。

Electrospinning (エレクトロスピニング)

は、高電圧を印加した溶液からナノファイバーを形成する方法である。合成分子の調整を可能にすることで、生物学的製造技術に最適な方法にしている。

Electrostatic Chucks (静電チャック)

は、半導体生産工場で使用される固定吸着作業デバイスで、工程時に静電気を利用してシリコンウェハーを所定の位置に固定する。

Electrostatic Discharge Testing (ESD) (静電気放電試験(ESD))

は高圧電源と他の器具を使って静電気電荷蓄積及び静電気放電が電子機器や電子部品に与える影響をシミュレートするものである。

Electrostatic Flocking (静電植毛)

はあらかじめ接着剤を塗布した表面に静電駆動用の電圧を印加して微粒子を固定することである。標準的なフロックは長さや色が異なる短く切った天然または合成繊維で構成される。

Electrostatic Lenses (静電レンズ)

は荷電粒子の移動に影響を与える静電気の原理を利用する集束装置である。

Electrostatic Oilers (静電気オイラー)

は、静電気を用いて目的面に正確に潤滑油を塗布する工業用油噴霧器である。

Electrostatic Precipitators (電気集塵装置)

は静電力による微粒子吸着の原理を使って流動気体から粒子を除去する集塵装置である。

Electrostatic Printing (静電印刷)

は、静電力を利用して印刷面に粉末またはインキで直接画像を形成する印刷または複写工程である。

Electrostatic Separators (静電分離機)

は鉱業または廃棄物回収用途に用いる分離装置であり、静電力を使って複数成分が混在する基材流を個々の成分に分離する。

Elemental Analyzers (元素分析計)

は、様々な工業生産工程で品質検査を行う際に、蛍光X線(XRF)技術を用いて原料の組成を決定する装置である。

Energy Dispersive X-Ray Fluorescence (EDXRF) (エネルギー分散蛍光X線分光法(EDXRF))

は電磁放射線と物質間の相互作用を利用した元素解析に用いられる分光分析技術であり、荷電粒子との衝突に反応して物質が放出するX線を分析する。

Explosive Detection Systems (EDS) (爆発物検出装置(EDS))

爆弾探知システムを参照。

F

Flash Lamps (フラッシュランプ)

は極度に強い、可視光全域に連続スペクトルを実現する白色光を極めて短時間の間発生させるグロー放電ランプである。

Flight Simulators (フライトシミュレータ)

は、訓練目的で航空機の飛行体験を再現する複雑な電気機械システムである。現実的な視界画像を表現するために画像を組み合わせた拡大画面を提供する場合は、特殊CRTプロジェクターを使用することが多い。

Focused Ion Beam Mask Repair (FIB) (集束イオンビーム(FIB)マスク修正装置)

ICチップの基礎的なパターニング装置であるため、基本デバイスである半導体加工には光投影リソグラフィーのマスクが使用される。極細束化した集束イオンビームを使う特殊修正装置を使ってマスクの欠陥を修復することができる。

Fill Level Inspection (充填検査)

適切に容器へ充填するための自動X線検査システムを使用したプロセスのことで、一般的に食品加工業で使用されています。

Food Inspection (食品検査)

は骨片及び異物について市販用加工食品の検査するX線検査技術である。

G

Gamma Cameras (ガンマ線カメラ)

はガンマ線を放出する放射性元素を撮影するのに用いられる装置であり、シンチグラフィーとして周知の技術である。

Gamma Detectors (ガンマ線検出装置)

はガンマ線とシンチレーション材料との相互作用で機能する。この相互作用によって、低エネルギー放射線が発生し、それを光電子増倍管に集めて増幅する。

Gel Electrophoresis (ゲル電気泳動)

は、ゲルマトリクスに印加した電場を使う、デオキシリボ核酸(DNA)、リボ核酸(RNA)またはタンパク質分子に用いる分離技術である。

H

High Voltage Dividers (高電圧分圧器)

は、複数の精密高圧抵抗器を直列に接続し、低端に測定しやすい比例する低電圧信号を発生させるスケーリング抵抗器を接続する装置である。

High Voltage Measurement (高圧測定)

は、高電圧分圧器、高インピーダンスの計測器及び利用可能なコロナ抑制装置を使って高電圧信号を正確に測定する安全な技術である。

High Voltage Packaging (高電圧パッケージング)

は、コロナ発生の軽減、絶縁条件、絶縁破壊やトラッキングの要件、及び材料適合性の懸念等のあらゆる変数を考慮にいれた、工業生産向け高圧設計技術である。

Hi Pot Testing (ハイポット試験)

は試験電圧をケーブルまたは配線に印加し、それが特定電圧スタンドオフレベルに耐えることを確認する方法である。

Hollow Cathode Lamps (HCL) (中空陰極ランプ(HCL))

は、レーザー等の光源の代わりに輝線スペクトルの光源の波長調整器として用いる特殊な光学ランプである。

I

Inductively Coupled Plasma Mass Spectrometry (ICP) (誘導結合プラズマ質量分析装置(ICP))

は、一連の金属及び非金属を超低濃度で測定することが可能な質量分析装置である。この技術は基本的に質量分析検出器を用いる誘導結合プラズマをイオン発生方法として使用する。

Ion Beam (イオンビーム)

はイオンで構成される粒子線である。

Ion Beam Implantation (イオンビーム注入)

は半導体生産に用いられる作業工程で、高エネルギーイオンビームによって目的物質のイオンを別の個体に注入することが可能なため、標的物質の物理特性を変化させることができる。

Ion Milling (イオンミリ)

は高圧電源を使って低圧ガスをイオン化することでこれを加速させ、中性粒子を発生させて、運動プロセスまたは化学プロセスを介して試料に衝撃を与え、試料原子を除去する中性原子線をつくる。

Ion Sources (イオン源)

は荷電粒子を発生させる電磁装置である。

Ionization Chambers (イオン化室)

はイオン化放射線の検出及び測定に使用する、最も単純なガス充填式放射線検出器である。

Image Intensifiers (イメージ増倍管)

は、光学装置内の利用可能な光度、X線/γ線照射に敏感な蛍光物質の強度を増強したり、不可視光を可視スペクトル光に変換したりする真空管装置である。

Impulse Generators (インパルス発生器)

は、インパルス試験のために、放電コンデンサを直列、並列または直列/並列接続して、高圧または高電流の極短パルスを生成する電気装置である。

Industrial Color Printing (産業用カラー印刷)

静電印刷を参照。

Industrial CT (産業用CT)

はコンピュータ断層撮影の原理を使って産業用途に用いる検査プロセスである。

Industrial Magnetrons (工業用マグネトロン)

は調理産業、粉末乾燥及びゴムの加硫プロセス等に用いる大型のマイクロ波加熱装置に用いられる。

J
K
L

Land Based Power Feed Equipment (PFE) for Telecommunications (地上給電装置(PFE))

は、特に電気通信用の海底光ファイバーケーブルに給電する意図で設計及び製造される、高度かつ信頼のできる高圧冗長電源である。

Lasers (レーザ)

はコヒーレント光の強力な狭ビームを発生させ増幅させる装置である。

Leak Detectors (ガス漏れ検知器)

は、特定のガスを極低濃度まで感知することが可能な質量分析装置である。

Lithotripsy (砕石術)

は衝撃波を使って腎臓、膀胱または尿道内の石灰化を粉砕する医療措置である。

M

Magnetrons (マグネトロン)

は、共振空洞の増幅で強化された磁場内の電子流を利用して高周波放射を発生させる高圧真空管である。

Mammography (マンモグラフィ)

は、乳癌検診の目的でX線を使ってヒトの乳房組織を撮像する医療検査手段である。

Marx Generators (多段式インパルス電圧発生器)

はインパルス発生器の1つである。インパルス発生器を参照。

Matrix Assisted Laser Desorption Ionization Mass Spectrometry (MALDI) (マトリクス支援レーザー脱離/イオン化質量分析(MALDI))

は、従来のイオン化法でイオン化する場合に崩壊が考えられる二分子状態の大型有機分子の解析に用いる質量分析技術である。

Matrix Assisted Laser Desorption Ionization Time Of Flight Mass Spectrometry (MALDI-TOF) (マトリクス支援レーザー脱離/イオン化飛行時間型質量分析(MALDITOF))

マトリクス支援レーザー脱離/イオン化質量分析(MALDI)を参照。

Medical Oncology (内科的腫瘍学)

は放射線治療(放射線のイオン化)を用いる悪性腫瘍の治療である。

Medical Irradiation (医学的放射線)

内科的腫瘍学を参照。

Medical Sterilization (医療施設の滅菌)

は、γ線を使って移植組織や診断キット、カテーテル及び輸液セット等の包装された医療機器及び医療製品を滅菌する。

Microchannel Plate Detectors (マイクロチャネル・プレート検出装置)

は、電子、イオン、紫外線照射及びX線の検出に使用される。電子マルチプライヤと同様に、二次放出の原理を利用して動作する。

Microwave Generators (マイクロ波発生器)

マグネトロンを参照。

Monoblocks® (モノブロック®)

(一体型X線発生器):セキュリティ、医療及び産業部門のX線分析に用いられる、単純かつ費用対効果に優れたアセンブリ内に高圧電源、フィラメント電源、制御電子回路及び一体型X線管を搭載したSpellman High Voltage ElectronicsのターンキーX線発生装置シリーズの登録商標名。

N

Neutron Generators (中性子発生装置)

は小型直線加速器を内蔵し、水素同位体の融合により中性子を発生させることができる装置である。

Non Destructive Testing (NDT) (非破壊試験(NDT))

は、ある物体、物質またはシステムを今後も利用できる状態で検査する手法であり、通常は物質の完全性の非医学的検査に適用される。

Non Thermal Plasma Reactors (非熱プラズマ反応器)

は、プラズマ化学気相成長法、プラズマエッチング及びプラズマ洗浄に用いる、低温かつ環境圧力に処理し、部分的にイオン化したガスを発生させる装置である。

Nuclear Medicine (核医学)

は放射性同位元素を用いる医療及び医学画像分野で、放射性崩壊を利用して疾病の診断及び治療を行う。

Nuclear Instrumentation Modules (NIM) (核計測モジュール(NIM))

は、試験粒子及び核の物理実験に用いる電子モジュールの機械仕様及び電気仕様を定義する規格である。

O

Ozone Generators (オゾン発生装置)

コロナ発生器を参照。

P

Photolithography (フォトリソグラフィ)

は、マスク上に描かれた幾何学的図形をシリコンウェハーの表面に移動するプロセスである。通常は集積回路を生産する半導体生産工場で利用される。

Photo Multiplier Tube Detectors (PMT) (光電子増倍管検出器(PMT))

は真空の光電管で、紫外線光、可視光及び近赤外線光の電磁スペクトルの超高感度検出器である。

Piezoelectric Transformers (圧電トランス)

は機械力で電位を変換する非磁性の変圧器である。電圧利得は材料係数、一次層の数及び材料の厚さと長さとの相関関係で決まる。

Plasma Igniters (プラズマ点火器)

は、帯電電極を持つ小チャネルに圧縮ガスを移送することにより動作する。高圧を印加すると、強力な火花が発生しプラズマトーチが放電するまでガスを加熱する。

Plasma Torches (プラズマトーチ)

プラズマ点火器を参照。

Pockels Cells (ポッケルズセル)

はこれを通過する光の偏光を変化させる電圧制御型光学装置である。

Positron Emission Tomography (PET) (陽電子放出断層撮影法(PET))

は、核医学の医療撮像技法であり、体内の機能プロセス三次元画像を生成する。このシステムは、陽電子を放出する放射性核種トレーサーを生物活性分子に結合したものを体内に注入し、それによってγ線の放出を検出する。

Power Feed Equipment (PFE) (給電装置(PFE))

は、電気通信用の光ファイバーケーブルに給電する地上または船上電源である。詳細については地上給電装置(PFE)を参照。

Product Inspection (製品検査)

は製品に金属、ガラス、石及び骨などの異物が混入していないかを検査するX線検査システムである。詳細については食品検査を参照。

Proportional Counters (比例計数管)

はα線、β線及びX線照射の測定に使用される放射線検出器で、比例計数管と関連回路で構成される。基本的にはガイガー計数管と同じであるが、ガスの種類と低管電圧が異なる。

Pulse Forming Networks (PFN) (パルス生成回路(PFN))

は長時間にわたって電気エネルギーを蓄積した後、蓄積したエネルギーを短時間パルスの状態で放出し、様々なパルスパワー応用に使用される。PFNは通常、高圧電源で充電され、その後高電圧スイッチを介して急速に負荷に放電される。

Pulse Generators (パルス発生器)

は振幅、負荷サイクル及び州は数の異なる信号パルスの生成に使用される回路または電子試験機器の集合体である。

Pulsed Power Supplies (パルスパワー電源)

はパルス出力を生成することができる固有電源である。

Q

Quadrupole Mass Analyzers (四極子質量分析器)

は基本的に、測定するイオンの飛行経路に平行に設置される4本の帯電ロッドで構成される。ロッド内の電圧を変えることでイオンは質量対電荷比(m/z)でろ過膜を通過し分離される。

R
S

Scanning Electron Microscopes (SEM) (走査型電子顕微鏡(SEM))

電子顕微鏡を参照。

Shipboard Power Feed Equipment (PFE) for Telecommunications (電気通信用船上給電装置(PFE))

は、特に、海底電線敷設船上に配備され修理される間に電気通信用の海底光ファイバーケーブルに給電する意図で設計及び製造される高度かつ信頼のできる高圧冗長電源である。

Silicone Encapsulation (シリコン封止材)

は高圧電源内に頻繁に用いられる固体絶縁物で、その物理的環境から小型化、高出力密度及び絶縁を可能にする。

Single Photo Emission Computed Tomography (SPECT) (単光子放出コンピュータダンス撮影(SPECT))

陽電子を放出する放射性核種トレーサーを体内に注入する陽電子放出断層撮影(PET)に類似する医療撮像技術である。SPECTは心臓疾患、癌及び脳の損傷等の幅広い病状の診断及び評価に利用することができる。

Spectrometers (分光計)

は、電磁スペクトルの特定領域を透過する光の特性を測定する際に用いられる計測装置で、通常は物質を識別するための分光分析に使用される。

Spectrophotometers (分光光度計)

は光の色彩(具体的には波長)の関数として光強度を測定することが可能な光度計である。

Sputtering (スパッタリング)

は基材の表面に薄膜を形成するのに用いられる物理的気相成長法プロセスで、様々な工業及び科学分野に利用される。スパッタリングはイオン化ガス分子を使って標的物質の原子を除去する際に行われる。この原子が原子レベルで基材に結合し、薄膜を形成する。

Substance Identification Systems (物質識別装置)

は、X線及び質量分析法等の様々な解析技術を使って未知の物質(麻薬、爆発物など)の識別を可能にする特殊装置である。

T

Thickness Gauging (厚さ測定)

はX線蛍光(XRF)分析技術を使ってめっき厚、塗装厚その他の卑金属の被覆厚を測定することである。

Time of Flight Mass Spectrometry (TOF) (飛行時間型質量分析(TOF))

電場によってイオンが加速されると、この未知のイオンは同じ運動エネルギーを与えられ、真空飛行管の一定距離を移動する。イオンの飛行速度(つまり飛行時間)は、質量電荷比によって決まる。この飛行時間を既知基準と比較することによって、未知物質の正体を測定することができる。

Trace Detection Systems (痕跡検出)

システムは様々な分析技術(X線、質量分析など)を使って麻薬や爆発物等の密輸品存在可能性を束エイする。

Transmission Electron Microscopes (TEM) (透過型電子顕微鏡(TEM))

は特定の電子ビーム顕微鏡で、透過電子を利用して試料の像を形成する。詳細については電子顕微鏡を参照。

U

UV Flash Lamps (UVフラッシュランプ)

は、高圧電源、パルス生成回路、キセノンフラッシュランプ及びトリガー回路の4つの要素で構成される。生成された紫外線光はインク、接着剤、被覆材の硬化その他の工業用途に利用することができる。

UV Water Purification Systems (UV浄水システム)

は、バクテリアやウィルス等の未処理水中の有害微生物を殺滅する殺菌水製造装置で用いられる紫外光源である。

V

Vacuum Deposition Systems (真空蒸着装置)

は熱蒸発、スパッタリング、陰極アーク蒸発法、レーザーアブレーション法或いは化学蒸着等の方法を使って真空条件下で固体表面に単原子層や単分子層を形成する。

Vacuum Ion Pumps (真空用イオンポンプ)

はガスをイオン化し、強力な電場を使って生成したイオンを加速し、固体電極に析出させ、それを真空チャンバから有効に除去するプロセスで動作する。

W

Wavelength Dispersive X-Ray Fluorescence (WDXRF) (波長分散型蛍光X線分光分析法(WDXRF))

は、結晶によって回析された特定波長のX線数の計測に用いる方法である。この手法は通常、蛍光X線分析装置の化学分析に用いられる。

Wire Line Logging (ワイヤーライン検層)

は、掘削及び生産作業について決定する意図で、特殊な電気機器を使って石油・ガス抗井内の特性を連続測定する方法である。

X

X-Ray Analysis (X線分析)

は様々なX線分析技術を使って既知材料または未知材料の特性を測定することである。

X-Ray Crystallography (X線結晶学)

はX線回析技術を使って結晶構造を調べる研究である。X線ビームは結晶格子に衝突すると、格子の原子構造の特徴を示す特定の形に分散される。

X-Ray Diffraction (XRD) (X線回析(XRD))

は結晶性固体について構造特性を把握し、それを複雑な生体分子の三次元構造を解読する生化学分野で役立てるために用いられる。

X-Ray Fluorescence (XRF) (蛍光X線(XRF))

は、未知の試料をX線と衝突させ、そこで発生する電子軌道の空孔に電子が遷移する際に二次蛍光X線が放出されるプロセスである。この二次放出を検出し、分析して材料を識別する。

X-Ray Generators (X線発生器)

は、技術的には、X線を生成する能力を持つ装置である。電力供給産業では、X線管に給電する特殊な高圧電源を特定するためにX線発生器が頻繁に使用される。

X-Ray Inspection (X線検査)

は品質管理目的で材料や製品の検査及び分析を行うX線の産業利用である。

X-Ray Photoelectron Spectroscopy (XPS) (X線電子分光法(XPS))

は試料にX線を照射し、表面から分離する電子フラックスを測定して未知材料を識別する方法である。

X-Ray Powder Diffraction (XRD) (X線粉末回析(XRD))

は粉末状または微結晶状の試料にX線を照射し、未知材料の構造特性を調べる分析技術である。

X-Ray Sources (X線源)

は、X線の発生に不可欠なあらゆる必須要素(高電圧電源、フィラメント電源、X線管、制御電子など)を搭載した一体型電子機器である。Spellman製「Monoblock®製品シリーズはX線源である。

Y
Z