よくある質問

「スタック」タイプ高電圧電源とは何です?

SLSは、スペルマン SLシリーズのサブカテゴリーであり、出力電圧160kVから360kVを (特注ではそれ以上可能) 「スタック」と呼ばれる別付けの高電圧アセンブリを介して提供します。スタックが必要となる理由はシンプルで、出力電圧が高くなると、使用できるケーブル/コネクターアセンブリで経済的かつ信頼性の高いものが少なくなり、組み込み上の問題が多くなるためです。そのシンプルなソリューションは、ケーブル/コネクターアセンブリを取り除き、別付けの空気絶縁高電圧スタックアセンブリを介して出力電圧を使えるようにすることです。典型的には大型のコロナリングやトロイドを使用して、これらの極端な出力電圧でのコロナ発生を抑制します。SLS装置は、2つの基本アセンブリであるコントロールラックと空気絶縁高電圧スタックアセンブリを備えます。