Application Notes - High Voltage Power Supplies

STシリーズの並列機能

STシリーズの並列機能

STの標準ユニットはシングルシャーシ、高さ6U、12kWの高圧電源です。さらに大きなパワーを必要の場合、シャーシを並列に追加してマスター/スレーブ構成を作り、最大100kW以上の高圧出力電力を提供いたします。

マスターシャーシは、お客様のインターフェースの連結点で、このマルチシャーシシステムは、単体の電源として効果的に機能します。マスターユニットは、フル装備のフロントパネルであるのに対し、スレーブユニットは、ブランクフロントパネルです。

通常複数の独立した電源は並列に接続することはできないので、このマスター/スレーブ構成のアレンジが必要になります。その機能特性によりSTユニットは基本的に3種類のタイプに分かれます。

標準
標準タイプはシングルシャーシ、高さ6U、12kWで詳細はデータシートの通りです。フル装備のフロントパネル。並列機能は持たず、出力電力は12kWまでに制限されます。

マスター
外見上は標準タイプと非常に似ていますが、マスター/スレーブアレンジの制御体としてハードウェアとファームウェアが機能に構成されているので、実際は大きく異なります。マスターシャーシは、必ず工場で組立され、スレーブユニットの特殊なアレンジを制御するためのテストが行われます。マスターユニットは、元の工場での構成通りにスレーブユニットを全搭載して動作するように設計されています。フル搭載より少ないスレーブユニット、もしくはマスターのみでも動作は可能ですが、電力機能、プログラミング、フィードバックスケール係数は影響を受けます。

スレーブ
スレーブユニットは、ブランクフロントのデザインで見分けがつきます。マスター/スレーブ システムの一部として動作するようハードウェアとファームウェアを工場で事前設定されているので、スレーブのみでは機能しません。