スペルマン、サンアントニオにて行われる代64回ASMSカンファレンスに出展

May 16, 2016

スペルマン ハイボルテージ・エレクトロニクス コーポレーション(本社:ニューヨーク州ハーパーグ)は、6月5日~9日までテキサス州サンアントニオのHenry B. González Convention Centerにて行われるアメリカ質量分析学会(American Society for Mass Spectrometry (ASMS))に出展いたします。

ASMS Logo

スペルマンの技術とセールススタッフがBooth#620にてお待ちしております。質量分析や解析用途の革新的ソリューションについてお話しさせていただければと思います。

スペルマンの質量分析向け電源は解析やバイオテクノロジー用実験設備特有の要求に特化して設計されており、多くの大手OEMシステムメーカーにて採用されております。ハイブリッドのリニアとスイッチモードの電力変換を使用した独自のインバーター・トポロジーにより、低ノイズで高効率の高電圧出力を実現いたしました。スペルマンの出力極性反転メソッドにより、オンデマンドの高速の極性反転を可能にしました。また、カスタムデザインのナノ秒スピード高電圧電子スイッチにより、様々な解析用途にお使えいただけるパルス・スイッチング性能をお届けいたします。

スペルマンの質量分析と関連用途向けの製品の例は以下です。

  • TOF3000: 超低リップルモジュール、30kV, 両極性、安定度:100ppm/hr
  • MX20: MX20: ±20kV 100μA ダイノード、極性反転<100ms、電圧/電流制御モード、リップル
  • 両極性TOF電源: ±7kV 1.5mA, 安定度:15ppm/8hr、リップル:<5ppm、極性反転<10ppm ~70ms

是非ASMSにお運びいただき、スペルマンの先進且つ費用効率の良い高圧テクノロジーで、どのように御社のシステム性能を高めることができるかについてお話させてください。スペルマンとその様々な製品群については03-5436-9810にお電話いただくか、spellmanhv.co.jp をご覧ください。

ASMSについてはasms.org をご参照ください。

スペルマン ハイボルテージ・エレクトロニクス コーポレーションは医療、工業、半導体、安全保障分析, 実験及び海底ケーブル給電アプリケーション用の注文設計、標準AC-DC、DC-DC高圧電力変換及びMonoblock®X線源のリーディング・プロバイダーです。米国、イギリス、メキシコ、中国に設計/製造/サービス施設を備え、ヨーロッパ、アジア、北米全域に直営の営業所を有しております。スペルマンは今後も最新のシステムプロバイダーと世界中のお客様をサポートするために努力してまいります

News Home

News Archive

News Home