サウスカロライナ州チャールストンで開催されるASNT 2014 Fall Conference に出展

September 24, 2014
スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーション(本社:米国NY州)は来たる2014年10月27日~30日にサウスカロライナ州チャールストン コンベンションセンターで行われる米国非破壊検査学会(ASNT)の2014秋会議に出展いたします。

弊社のセールスエンジニアがブース番号#913にて多様な非破壊検査と品質検査の市場にふさわしい高圧発生器とX線発生源をご紹介いたします。

ASNT X線ジェネレータのXRVシリーズと共に160, 200 300kVの各種Lorad LPXシリーズを展示いたします。XRVシリーズは160~450kV, 最大6kWの高出力X線発生器で、しっかりとパッケージされたユニットは様々なNDT管に対応し、業界最小サイズでより優れた性能と画質を供給します。またXRVシリーズ用に設計された新しいタッチスクリーンのX線コントローラーも展示いたします。こちらはXRVのユーザーにシンプルで高機能なインターフェースを提供いたします。また今年は、LPXブランドにおいて空冷タイプの300kVモデルと200kVのガラス管モデルを新たに発表いたします。この新モデルにより、NDT分野において弊社のさらなるポジションの確立を目指して参ります。

ASNT 2014 は150社以上の出展が見込まれ、X線システムのOEMプロバイダ 、研究者、世界的な非破壊検査産業の専門家が一堂に会します。

ASNTに関する詳しい情報は、http://www.asnt.orgをご覧ください。

スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクスは世界大手の医療、工業、半導体、安全保障分析, 実験及び海底ケーブル給電アプリケーション用の注文設計または標準AC-DC、DC-DC高圧電力変換及びMonoblock®X線源のプロバイダーであり、米国、イギリス、メキシコ、中国、に設計、製造、サービス施設を備え、またヨーロッパ、アジア、北米全域で営業所を有しております。Spellmanは今後も先進システムプロバイダー及び世界中の顧客をサポートするために努力してまいります。

スペルマンの高圧製品に関するお問い合わせは、お電話048-447-6500 もしくは弊社ホ-ムページ www.spellmanhv.co.jp をご覧ください

News Home

News Archive

News Home