テキサス州ヒューストンで開催されるASNT 2010 Fall Conference に出展

October 08, 2010

2010年10月8日 – スペルマン ハイ・ボルテージ エレクトロニクス コーポレーション(本社:米国NY州)は来たる2010年11月15日にヒューストン ジョージ R.ブラウン コンベンションセンターで行われる米国非破壊検査学会(ASNT)の2010秋会議に出展いたします。 

ASNT Fall Conference & Quality Testing Show 2010

弊社のセールスエンジニアがブース番号#722にて多様な非破壊検査と品質検査の市場にふさわしい高圧発生器とX線発生源をご紹介し、160~450kV, 最大6kWの高出力X線発生器XRVシリーズを展示いたします。しっかりとパッケージされたユニットは様々なNDT管に対応し、業界最小サイズでより優れた性能と画質を供給します。またXRVシリーズ用に設計された新しいタッチスクリーンのX線コントローラー を発表いたします。こちらはXRVのユーザーにシンプルで高機能なインターフェースを提供いたします。

その他300, 600, 1200Wで最大70kV、優れたデジタルインターフェースのDXMシリーズ、50または75W, 50kV、オプションでデジタルインターフェース付きのX線モジュールMNXシリーズ、そして、XRB-80 Monoblock® X線源を展示予定です。

ASNT 2010 展示会には100社以上の出展が見込まれ、X線システムのOEMプロバイダ 、研究者、世界的な非破壊検査産業の専門家が一堂に会します。

ASNTに関する詳しい情報は www.asnt.org/

をご覧ください。

スペルマンの高圧製品に関するお問い合わせは、お電話048-447-6500 もしくは弊社ホームページ  www.spellmanhv.comをご覧ください。

News Home

News Archive

News Home