XRVシリーズに1.8kWモデルが加わりました

April 30, 2010
2010年04月21日

スペルマンは、出力電圧160kV, 225kV, 320kV, 450kVの4種の1.8kWXRVシリーズを発表いたしました。これらの電源は、DRと産業用CTアプリケーションのために設計さ ていて、HPとHPX系のX線管にパワーを供給します。

これらのユニークなX線管は短い焦点でより大きなX線投与量を提供することによって厳しい産業用途に使用される高速デジタル画像システムに高い解像度を供給します。

XRV Series

スペルマンの新1.8kW XRVシリーズは、リップル0.025%と安定度<0.1%/8時間によって、HP/HPXチューブの性能を最適化します。

XRV電源は、アクティブ力率改善回路を組み込み入力電流を減らしつつ、入力電圧に係わるEMIを最低限に抑えます。スペルマンが知的所有権を有するところのインバータの構成により、前例のない高効率と電力密度を実現しました。

しっかりとパッケージされた高電圧部は、サイズと重さを減少させ、信頼できるメンテナンスフリー操作を提供して、今までにない効率とパワー密度を可能にしました。

DSPベースのSMT制御回路はOEMシステムインテグレーションの簡素化、アナログインターフェースと共にお客様の選んだ標準USB、イーサネット、またはRS232を提供します。2つのDC出力と電流制御されたフィラメント電源は、洗練されたエミッション電流制御回路により制御されるため、正確で安定したX線の管電流を供給できます。包括的なエラー診断回路や、アークセンス、アーククエンチ、アークカウントなどの機能が、このコンパクトで省スペースに適したX線用電源に組み込まれています。

アナログインターフェースもしくは3つの標準のデジタルインターフェースのいずれかを通してXRVの制御を可能いたしました。RS-232とUSBで動作する場合、ビジュアル・ベーシックのGUIを使用いただけます。イーサーネットをお使いの場合には、アプ レットを使用して制御可能です。

多くの電源オプションがユーザにとって利用可能になり、提供されたソフトウェアで完全に構成可能です。

この製品に関する技術的なお問い合わせおよび詳しい情報はwww.spellmanhv.com/XRV をご覧ください。

その他製品に関するお問い合わせは、電話048-447-6500または、弊社のホームページwww.spellmanhv.co.jp をご覧ください。

News Home

News Archive

News Home