フィラデルフィアで開催されるASMSに出展

May 11, 2009
2009年5月11日

スペルマンは来たる5月31日から6月4日、米国フィラデルフィアのPennsylvania Convention Centerで開催されるAmerican Society for Mass Spectrometry 57th(ASMA)に出展いたします。(ブース番号#24にて、スペルマンの技術スタッフが質量分析装置・解析装置などで使用される製品につき、直接にディスカッションをさせていただきます。)

ASMS Logo

質量分析の分野で定評のあるスペルマンの高圧電源は、これまで多くの主要なOEMシステムのメーカーに採用されてまいりました。弊社の質量分析用高圧電源は分析・バイオテクノロジー業界のニーズに合わせ設計されております。スペルマン独自のインバータートポロジーにより、低ノイズで高効率な高電圧出力が可能です。また、スペルマンの技術は高速な出力電圧の極性反転を可能ならしめ、またカスタムデザインによるナノ秒レベルのスイッチング技術により、様々なバイオテクノロジー分野のアプリケーションでパルススイッチング特性を可能にします。

スペルマンは電源に関してのみならず、高圧に関する設計、実装面でのお客様の問題解決への技術的な支援も行ないます。スペルマンは高電圧技術のテクノロジーリーダーです。是非お客様の設計部隊としてご活用ください。

用途例:

  • TOF3000: 超低リップルモジュール、30kV, 両極性、安定度:100ppm/hr TOF3000
  • MX20: ±20kV 100μA ダイノード、極性反転<100ms、電圧/電流制御モード、リップル:500mVp-p MX20
  • 両極性TOF電源: ±7kV 1.5mA, 安定度:15ppm/8hr、リップル:<5ppm、極性反転<10ppm ~70ms

ASMSのブースにて皆様のお越しを心よりお待ちしております。その他製品に関するお問い合わせは、電話048-447-6500または、弊社のホームページ www.spellmanhv.co.jp をご覧ください。

News Home

News Archive

News Home