海底電力

スペルマンの船舶上と陸上用給電機器(PFE)は通信用海底光ファイバーケーブルのリピーターに陸上局から電力を供給し、ケーブル敷設と補修作業中に電力を供給します。弊社は海底通信業界での給電機器の一流メーカーとなりました。

弊社の船舶上用給電機器(PFE)ソリューションは世界中での主なケーブル敷設船舶の多くに設置され、ケーブル敷設船造船所や、船舶上用給電機器所有者からお選びいただいています。世界中の陸上用給電設備には、スペルマンの高信頼性、冗長性、堅牢なPFEシステムが支持されており、稼働時間を最大にしています。これらは共に、短距離、長距離のニーズ両方に対して絶えず電力を供給しています。

船舶上用給電機器(PFE)システムは通常最大容量24kWで、最大電圧は20kVです。様々な出力電力レベルの給電機器(PFE)を取り揃えています。スペルマンでは出力レベルが2kW~40kWの範囲でアクティブなダミー負荷も製造しており、船舶上用PFEスイートの一部として組み込むことができます。 

PFEカタログはこちらをクリックしてください。

Next Generation in Land-Based/Shipborne Power Feed Equipment(次世代の陸上・船舶上用給電機器)を読むにはこちら をクリックしてください。

関連情報の動画

海底光ファイバーケーブル敷設についての詳細は、これら2つの動画をご覧ください。CBS This Morningの「Inside the Installation of New Undersea Cable」(海底ケーブルの新規敷設、約5分)、ナショナルジオグラフィックのDiscoveryプログラム「The Mightiest Cable Laying Ship at Sea」(最強のケーブル敷設船、約45分)。スペルマンの給電用高電圧電源は、海底通信システムに欠かせません。